12月22日(水)は冬至!冬至といえば柚子!【透析患者様向けゆず羹の作り方】

2021年12月22日(水)は冬至です。

冬至は二十四節季の一つで、1年で最も昼が短く、夜が長い日です。

冬至といえば柚子湯を思い浮かべます。

冬が旬の柚子は香りも強く、柚子湯は邪気をはらい、身を清めるなどの由来もあります。

体を温め風邪予防になり、クエン酸、ビタミンCにより美肌効果もあります。

当院でも冬至には病棟食事メニューで「ゆず羹」をお出ししています。

ゆずの香りが広がり、食後にスッキリと食べられます。

ここで透析患者様向けゆず羹の作り方をご紹介します!

材料・・・ゆず皮少々、粉寒天0.4g、砂糖8~10g、水50cc、白ワイン3cc

①ゆずは皮をすりおろすか刻んでおく。

②水に寒天、砂糖を加え、よく混ぜ沸騰させる。

③②に白ワイン、ゆずを加えて固める

ゆず茶で作るとより簡単に作れます!ゆず茶イラスト/無料イラストなら「イラストAC」

 

ただし、食べ過ぎ、飲みすぎには注意しましょう。

 

 

情報提供ー栄養科石井

投稿者ー井岡